インプラントにはどんな種類があるの?

インプラント治療を分かりやすく解説

夢の治療インプラント

歯科インプラントは今も今後も期待される最新の技術と言われ、「夢の歯」「第三の歯」などと呼ばれる画期的 な治療とも言えますね。 義歯や、ブリッジの様に自分の歯として違和感があったり、また食事をしても味がしないとか、まずいとか楽しみが無くなってしまったなどという重大な問題も解消されるとも聞きます。

人工歯根とは

インプラントとは移植の意味で損傷した臓器などを回復させるために体内に埋め込む器具やの材料の総称になります。
現在インプラントと使われている名称は正しくは歯科インプラントと言います。
今までは歯を抜いた場合、ブリッジで補ったり、残念ながら食事に支障を来たすほどに多くの歯を失った場合は入れ歯治療だったりしますね。
インプラントは顎の骨の歯根に特殊な材料を埋め込みそれを土台として人口歯を取り付けるものです。
歯科インプラント治療は簡単に言うと人工歯根を作ることと解釈してもいいかもしれません。
驚くことに紀元3世紀ころのローマ時代の人骨から鉄製のインプラントが見つかっています。
私達が想像する以上に古い歴史があるのですね。
現在の技術は、100年以上も前に開発されていましたがなかなか実際にはうまく実用化できず試行錯誤して現在に至った経緯があります。
使っている材料が人体に馴染まないことが一番の問題点だったのですね。
当時は貴金属を使用してましたが後に合金も使いました。
どれも実際人体には適合しませんでした。
現在治療方法も種類も違い種類は100種ほどもあり主要なものでも30種類以上と言われています。
世界的シェアではブローネマルク、リプレイスセレクト、ノーベルダイレクト、ストローマンシステムなど、国内では京セラメディカル社のPOI、アドバンス社のAQBが有名です。
インプラントは手術方法にもいくつか種類があるようです。
気になるインプラント治療についてのあれこれを調べてみました。

価格が高額すぎてなかなか一般化しない

大変高度な技術で画期的な歯科インプラントですが、係る費用は高額と聞きます。 インプラントは自由診療の為各歯科医院で価格を決めています。 費用明細の主要部分は医師による手術費用となります。 私達が実際インプラント治療を受けるとしたら注意すべき点は何でしょうか。

インプラント治療ができない場合もある

インプラント治療は誰にでも適したものではありません。 実際歯医者で「あなたはインプラント治療に適さない」と言われた人も多いようです。 最新の歯科治療として期待され利用者も増えているインプラントですがその治療が受けられないのにはどんな理由があるのでしょうか。

▲ TOPへ戻る