インプラント治療を分かりやすく解説

>

夢の治療インプラント

種類と品質

インプラント治療をすると実際の歯と変わらぬほど味も楽しめ、ブリッジの様に周囲の歯に悪い影響を及ぼすこともないと言われます。
インプラントで奥歯が出来たら歯茎の血行も良くなり、免疫力も上がるとも言います。
種類として現在の日本で販売されているのは30種類以上もあるようです。
そのメーカーによって骨の結合に影響する表面性状や、骨との結合状態などが違ってくると聞きます。
歯科医がどのインプラントを選ぶかで治療方法も違ってきますのでこれから治療を受ける場合はどのメーカーを使うか確認して自分でも調べましょう。
日本のインプラントも前述のように幾つかありますし価格的には主流の海外品に比べると安いです。
しかしながらまだまだ品質的には劣るとも言われています。
インプラント治療にはワンピースタイプと言い一度で手術が完了するものと、ツーピースタイプと言い1度目の手術後期間を置いて再度人工歯を付け替えるものがあります。

実績を調べておきましょう

インプラント治療が安い歯科医の場合は特にメーカーを調べることが必要です。
治療費が安いのは材料費にお金をかけてないインプラントメーカーを使用していることが多いです。
安いインプラントメーカーはそれだけ使用実績が少ないと考えて良いでしょう。
最近は多くのメーカーが手掛けていて中には倒産してしまう企業も多いようです。
人体に挿入するものですからやはり若干の費用がかかっても安心なものをお勧めします。
安いメーカーは上に着ける、被せ物で費用を落としている場合もありますが、見た目にはかなり劣ると思いますので、特に前歯のインプラントは大変残念な結果になりかねません。
安いインプラントの場合はその歯科医の治療実績を必ず調べましょう。
歯科医院の設備投資も削っている可能性だってあります。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る